ABOUT US

中国やインドに並ぶ新興国として注目され、「チャイナ・プラスワン」の投資先として今なお成長を続けるベトナム。労働力の若さや手先の器用さ、安定した政治情勢、そして日本との良好な関係が魅力となり、多くの日系企業が進出をしています。特にベトナム北部は中国華南地域に陸路でアクセスができる点も魅力です。第二タンロン工業団地(TLIPII)は、ベトナム北部のフンイエン省に位置しています。同じくベトナム北部のハノイ市近郊に位置するタンロン工業団地(TLIP)の経験を活かし、2006年11月に設立しました。TLIPIIでは現在、約60社の製造業にご入居頂いております。

BOD からのメッセージ

社長の信田 剛希でございます。おかげさまで、第2タンロン工業団地は2016年に創立10周年を迎えました。現在、約60社にご入居いただいております。業種は自動車・二輪車用部品や金属加工部品、     電子電機、輸送機建機等と幅広くまた世界各国で事業展開されている企業様から、初めての      海外進出国としてベトナムへ進出されている企業様までご入居いただいております。
弊社では、入居企業様が生産活動に集中できるような環境を構築・維持するため、日本人4名を  含む、約200名のスタッフ・オペレーター・警備員が団地内インフラの運営・メンテナンス、    工業団地内の警備、地元政府との対話、各種イベント開催などに取り組んでおります。
また弊社は事業活動を通じて、地元地域の人々の生活水準向上、経済・産業・社会の発展に貢献できればと考えており、入居企業様と共に地域貢献委員会を組成し、地元地域の更なる発展を目的に寄付活動等も行っております。
第2タンロン工業団地は、入居企業様、地元地域の皆様に貢献できるように取り組んでまいります。引き続きご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
未だ土地や貸工場に空きがございますので、海外進出をご検討の際はお気軽にご連絡くだされば  幸甚に存じます。